本文へスキップ

後藤製菓は、大分県臼杵市にある創業大正八年の伝統ある臼杵煎餅製造元です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0120-510-470

〒875-0064 大分県臼杵市深田118番地


   







後 藤 製 菓

後藤製菓は大分県にある創業大正八年の老舗煎餅屋です。
「不易流行」をコンセプトに伝統ある銘菓を守り抜くことと、時代に即した新たな挑戦の両方を行っています。

臼 杵 煎 餅

四百年ほど前、臼杵藩稲葉領主(五万石)が、江戸参勤交代の途上の食料として
米・麦・粟・ひえ等を材料に作り上げた携行食が臼杵煎餅の始まりといわれています。
その後、小麦粉を主材料になり、かつて大分県臼杵市は生姜の一大産地であったことから
味付けに生姜が加わって参りました。

臼杵煎餅には、臼の形にちなんで曲げて薄く焼いた「曲型(薄焼き)」と、
重ねても割れにくいように平たく厚く焼いた「平型(厚焼き)」とがあり、
そのどちらも刷毛で一枚ずつ丁寧に手塗りする伝統製法で作られております。
これまで多くの人の手によって四百年物歴史を刻んできた臼杵煎餅はまさに、大分県の伝統銘菓でございます。

創業100年記念ブランド「IKUSU ATIO(イクス アティオ)」

これまでは情報も流通も「世界から東京」「東京から大分」「大分から臼杵」といった流れがメインストリームでしたが、臼杵の地で臼杵の素材を使用したこだわりの商品を作り、『小さな町臼杵から大分、日本、そして世界へ向けて発信していく』という気持ちを込めて生まれた、後藤製菓創業100周年記念ブランド。
『イクス・アティオ』は、大分(OITA)臼杵(USUKI)を逆にすることで、そのコンセプトを体現しています。
IKUSU ATIOのWEBサイトはこちら http://ikusuatio.com/
新町店の有名おばあちゃん

臼杵市の町中にある後藤製菓新町店には、享年99歳の”後藤キミ”おばあちゃんが97歳まで現役で看板娘をしていることで一躍有名になりました。当時は97歳にも関わらず、元旦以外の364日間毎日お店にいることや、気前の良いサービス、また、その人柄等で数々の取材やお客様がお見えになっています。
後藤製菓新町店は、そんなキミおばあちゃんの意思を引き継ぎ、現在も元旦以外毎日営業しておりますので、是非一度、足を運んで来ていただければ幸いです。

informationお知らせ

 全国配送、電話、FAX、HPでのご注文、
 御中元、お歳暮、冠婚葬祭などに応じた対応も可能です。
 どうぞお気軽にお尋ね下さい。
フリーダイヤル0120-510-470

〒875-0064
 大分県臼杵市深田118番地
 TEL.0972-65-3555
 FAX.0972-65-3561

not_found.htmlへのリンク